金沢大学大学院医薬保健学総合研究科 内科系医学領域放射線科学

Department of Radiology, Kanazawa University Graduate School of Medical Sciences

研修・教育

研修・教育

放射線科の魅力

オンリーワンを目指して

教授 蒲田 敏文

 金沢大学附属病院放射線科の業務はX線写真、CT、MRIなどの画像診断(読影)と画像下治療(Interventional Radiology: IVR)ならびに放射線治療を三本柱にしています。CTやMRIなどの画像診断装置の性能は飛躍的に進歩しており、それに対応して撮影方法も複雑化しています。一見画像の分解能が向上し見やすくなっていますので放射線科の読影専門医でなくても画像の読影は他科の医師でもできるという意見も聞き及びます。しかしながら、30年以上放射線科医として多数の症例の読影を行ってきた私の経験からあえて言わせてもらえば、そんなことは決してありません。実際経験豊富な放射線科医の正確な読影のおかげで早期に悪性腫瘍が発見され命が救われた患者様が多数おられます。また、診療科の主治医が良性と悪性の鑑別に迷うような症例でもかなりの確率で瞬時に良悪を判定する高い診断能力を持つ放射線科医も沢山います。

近年医療は高度に専門化されており、自分の専門分野以外の疾患を正確に診断し、治療することは困難な状況です。良性疾患が疑われて施行されたCTやMRIの画像に依頼科の専門領域以外の臓器の悪性腫瘍が存在することも稀ではありません。このような症例では、全身の臓器を丹念に読影する目をもった放射線科医が診断しないと病変が見逃されてしまう危険性があります。優秀な放射線科読影医が常勤する病院では、このような見逃しは少なく、診断レベルが確実に向上しますので、病院に対する評価も高くなります。このことが放射線科医がDoctor of Doctorと呼ばれるゆえんだと思います。

また、放射線科常勤医がIVRを担当している病院では、外傷性出血などの救急疾患対しても迅速に経カテーテル治療を行い救命することが可能です。悪性腫瘍の塞栓術や動注療法、大動脈瘤に対するステント治療なども非手術的な治療法として今後ますます発展していくものと思われますのでIVRの手技に精通した放射線科医に対する期待は大きいと思います。また、放射線治療も従来のライナックに加えて強度変調放射線治療(IMRT)や粒子線治療も普及してきており、従来では手術でしか治療が難しかったある種の悪性腫瘍は放射線治療で完治できる時代になっています。放射線治療を専門とする放射線治療専門医の絶対数も診断専門医と同様に全国的に不足しており、放射線治療医の育成も我々にとって非常に重要な課題となっています。

赴任先の病院でナンバーワンのDoctorになるのは大変難しいですが、各科の医師から病院にいてもらわなくては困ると言われるようなオンリーワンの医師になることは金沢大学放射線科で研修して頂ければ十分可能です。放射線科は全身を診る能力が必要とされます。私は放射線科に入局してくれた若い後期研修医が全科の医師から信頼されるようなトップレベルの放射線科医になれるように情熱をもって指導してまいります。

金沢大学放射線科は北陸三県の主要病院の多くに放射線科常勤医を派遣し、各病院の診療(画像診断、IVR、放射線治療)を支えています。今後関連病院の常勤放射線科医の世代交代が始まりますので、新たな放射線科専門医育成に対する要望は非常に大きいものがあります。放射線科専門医の数が減っていく事態となれば、北陸地方の医療レベルの低下も懸念されます。ぜひ多数の若い先生方に金沢大学放射線科に入局して頂きたいと思います。一緒にオンリーワンの放射線科医を目指してがんばりましょう!!

金沢大学大学院医薬保健学総合研究科 内科系医学領域 放射線科学 教授 蒲田 敏文

金沢大学大学院医薬保健学総合研究科 内科系医学領域 放射線科学

〒920-8641 石川県金沢市宝町13-1 TEL 076-265-2323 FAX 076-234-4256
Department of Radiology, Kanazawa University Graduate School of Medical Sciences
13-1 Takaramachi 9208641 / Kanazawa JAPAN, TEL:81-76-265-2323 FAX:81-76-234-4256

© Copyright Department of Radiology, All rights reserved.